(#ノ`皿´)ノコラー!!! 中国が南シナ海で大規模演習

中国は今週、南シナ海(South China Sea)で大規模な海軍演習を実施した。同国で唯一運用されている空母「遼寧(Liaoning)」も参加したとみられている。米企業プラネットラブズ(Planet Labs)が30日に公開した衛星写真で明らかになった。

プラネットラブズが公開した写真によると、海南(Hainan)島の南の海上で26日、40隻以上の艦隊が2列の縦陣を組んで航行し、遼寧はその中央に位置していた。中国国防省はこの演習に遼寧が参加したかどうか明らかにしていないが、軍事専門家は遼寧の姿が確認できると話している。

このニュースを受けてネットでは、

「日本メディアは中国の脅威をもっと真面目に伝えないと。」

「立派になったのは事実 日本よりも強いのも事実 法整備含め実際に戦えるのも事実 日本は相変わらず国会が週刊紙並みのばか騒ぎどんなに優秀な兵器も法整備が未熟ては子供のレゴブロックの軍艦と同じ」

「安倍降ろしに一生懸命なマスコミさん。たまには、こういった記事も流さないとね。」

「福山、枝野、志位。森友追求もいいけれど、こんな事も起きてるよ。」

「日本も倒閣ごっこしている場合じゃないと思うんだけどなぁ」

「既にここまで来てしまった…中国がどんな国で… こんな代物を持っている…物凄い強引に暴力をふるう奴がアメリカに迫る軍隊を持っている…もっと危機感を持った方がいい…すでに日本はスパイだらけかも知れない…」

「日本の問題は移民の多さ。新宿区の今年の新成人の5割は外国籍。とにかく日本人は問題をごまかしている。」

「森友問題よりも国会で議論すべき事案だと思いますが霞が関はいつまで茶番を続けるつもりなのでしょうか。」

「空母いぶきの漫画のとおりになりそうですね。このままだと。」

「ハリボテ空母も?」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by AKB32 at 19:13 | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】麻生財務相 失言自爆するwwwwww

麻生太郎財務相が、自らの失言で“自爆”した。30日の参院財政金融委員会で、森友学園をめぐる財務省の文書改ざんに比べ、環太平洋連携協定(TPP)の報道の扱いが小さいと不満を述べた29日の自身の発言を野党に批判され、追い込まれる形で謝罪を口にした。文書改ざんで組織のあり方が問われている財務省のトップとして、危機意識の欠如も露呈。麻生氏に対する野党の辞任要求を再び強める原因を、自ら招いた。

このニュースを受けてネットでは、

「そもそも麻生は、森友問題なんて重要なことと思っていない。失言じゃなくて、本音を言ってるだけ。」

「TPPより森友問題の扱いが多かったのは事実「総理夫妻の関与」がなかったことが再確認された翌日は相撲の話だらけ」

「TPPは扱い大きいと困るんじゃない?これ言ったら、トランプが来日した時に対等では無いと明言された件や貿易不均衡をガンガン言ってる件も報道すべきじゃない?」

「失言ではない、TPPの方が大事だという意見もあってもいいと思う」

「印象は良くないがこの程度で辞任していたら彼はもう100回位辞任している。今回も辞任する訳がない。与党も大概だがもっと重要な事で、もっと理論的に野党は仕事してほしい。人数と時間ばかり色々かけているが何か仕事をしているようには見えない。」

「俺も森友よりTPPや北朝鮮問題の方が重要だと思うぞ。それなのにマスコミや野党は毎日森友。そんなレベルだから新聞は売れないし野党も支持率が上がらない。」

「そりゃあ森友がどうでもいいとは思わないが、森友と比較すれば自分はTPPの方が大事と思うよ。」

「もう慣れた。仕事をキチントやっていればいい。失言しなくても、いい人でも、仕事のできないやつはダメ。」

「なんでもかんでも辞任辞任と連呼すれば良いというわけではないですよ。」

「石原さんが、森友はマイナーな問題って助け舟出してますよ。豊洲移転だってたいしたことがないのに、マスコミは散々取り上げやがって。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by AKB32 at 19:12 | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【朗報】モスバーガー 全店舗を「禁煙」に!!!

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは3月30日、2020年3月末までに同チェーンの全店舗(1344店)を全面禁煙化する方針を決めたと明らかにした。理由は「顧客から多くの要望があったほか、スタッフの健康面に配慮する必要性を感じたため」(広報IRグループ、以下同)。

このニュースを受けてネットでは、

「タバコの煙で美味しいものも、不味くなります。賛成です!」

「禁煙じゃなかった事の方が驚き。」

「最早タバコは毒ガス扱い」

「ここ、健康志向を謳っておいて禁煙じゃなかった方が不思議」

「タバコを吸っていた頃は「タバコを吸える店」を探してたけど、今となっては「吸える店」は避けるようになった。分煙は結局のところ喫煙者にとっての言い訳のようなもの。吸わない側からすると分けてあっても「結構におう」。「どうしてもこの店で食べたい」というものでない限り、全面禁煙の店を選ぶ。そういう時代。」

「えっ?モスって禁煙じゃなかったの??良いことだけど、ちょっと遅すぎ。。。」

「モス好きで応援しているが、これに関しては判断が遅すぎたと思う マックとかより健康に良いイメージなのに金をかけてまで喫煙スペースを設けてた、社内でこの判断をしていた人はセンスがない」

「飲食店は全面禁煙にして欲しいから少しずつでも禁煙のお店が出来るのは嬉しい。」

「ハンバーガー食べるのに、タバコは無くても問題無いでしょ?」

「そもそも味とか健康をイメージとして前面に押し出していて禁煙じゃなかったとかアホなのかなとタバコなんて吸ったら飯がまずくなるじゃん普通に」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by AKB32 at 19:12 | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。